So-net無料ブログ作成

本社・FNN合同世論調査 自民・みんな、突然逆風(産経新聞)

 ■失策頼み、参院選へ練り直し急務

 菅新政権に関する産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、直撃を受けたのは自民党とみんなの党だ。迷走が続いた鳩山政権批判で勢いに乗ったものの、新政権の誕生で選挙戦略の練り直しを迫られそうだ。もっとも参院選まであと1カ月ほどしかなく、「政治とカネ」の問題をめぐる小沢一郎民主党前幹事長の証人喚問問題など新政権の「失策」を頼りにしているのが現状だ。

                   ◇

 ≪「左翼的な色彩」≫

 「今まで以上に左翼的な色彩を持った政権になるのではないかという危惧(きぐ)を持っている」

 自民党の谷垣禎一総裁は7日、新内閣と民主党執行部の陣容を批判した。

 大島理森幹事長も産経新聞社とFNNの合同世論調査で菅新政権に「期待する」が6割近くになったことについて「『小沢隠し、小沢仕分け』がすべてだ」と指摘した。その上で「小沢氏の(衆院予算委員会での)証人喚問が実行できないなら『ネコだまし内閣』だ」とも述べた。

 新政権は小沢氏の喚問に消極的なため、鳩山政権と変わらないとアピールしていく構えだが、「小沢問題」を追及していくことぐらいしか材料を持ち得なくなったともいえる。

 自民党の支持率は鳩山政権下でおきた社民党の連立離脱問題などで持ち直し傾向にあった。党内からは楽観論すら出た。ところが、菅直人新首相誕生を受けた今回の調査で、民主、自民両党の支持率の差は大きく開いてしまった。自民党内から衆院解散・総選挙を求める声はすっかり消えた。

 党内からは谷垣氏が体制刷新に乗り出さなかったことへの批判も渦巻いている。一方で「今さら執行部を代えても遅い」(若手)とのあきらめムードも。

 ≪「心配せず」強調≫

 一方、「第三極」では勝ち組といわれたみんなの党は、アイドルグループ名にもじって、近く実施が見込まれる衆院北海道5区補選と、参院選で全国の47都道府県に候補者を擁立する「AKB48作戦」を展開、参院選には7日時点で39人を擁立した。渡辺喜美代表は参院選で比例代表と選挙区でそれぞれ2けたの目標議席を掲げ強気に出た。

 ただ、みんなの党の躍進は民主党の低迷が前提。新政権の誕生による民主党支持率の急速な回復は大きな打撃だ。渡辺氏は世論調査で党の支持率が2・4ポイント下がったことについて「みんなの党でないと駄目だという人は微動だにしていない。心配していない」と強調してみせた。

 そのうえで「表紙が変わっても中身が変わらないので民主党と一緒にやることはない」と断言。公務員制度改革や消費税をめぐる経済政策で新政権との違いを訴え、無党派層の呼び戻しを図る考えだ。

大阪市10職員きょう免職発表 斎場「心付け」で異例大量処分(産経新聞)
社民、内閣不信任案に賛成へ 幹部会合で一致(産経新聞)
<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
密林に赤いランドセル…戦没者、いかに慰霊するのか(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。